子どもと一緒だということを意識する

楽しい家族旅行ですが、子供がまだ小さいときには旅行の計画に注意が必要です。子供がいなかった頃のような計画を立てると思わぬトラブルを招いたり、周囲に迷惑をかけてしまったりして旅の思い出が台無しになってしまうこともあります。しかし、小さな子供がいるからこそ楽しめる旅行プランもあるので事前に念入りに計画を立てることが大切なのです。小さな子供は疲れてくると泣いてしまって周囲の方の顰蹙を買ってしまうこともあります。思いっきり遊ばせて疲れて夜はぐっすり寝てしまうように計画を立てることがベストです。静かにする必要がある美術館や博物館などの観光スポットは子どもが大きくなるまで控えておく必要があるかもしれません。

宿泊地やレストラン選びが大事

小さな子供と一緒に旅行をするうえでトラブルが起こりやすいのが宿泊地のホテルや旅館とレストランで食事をしている時です。大人の利用客が多い、込み合っている有名ホテルは避け、事前に小さな子供が一緒でも泊まることができるということが確認できる宿泊先を選ぶことがポイントになります。ホテルのほうが部屋と部屋の間の遮音性が高いためおすすめです。また、レストランでもドレスコードのあるオシャレなレストランは避け、家族連れがワイワイ楽しみながら食事をすることができるスポットを選ぶことが大切です。レストランの場合は個室がある場合には、事前に予約をしておくことで周囲のお客さんに迷惑をかけずに食事を楽しむことができます。